メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始



メニューへジャンプ 本文へジャンプ


昇降式[ストローク幅300mm]の高温炉です。最高温度1350℃まで焼成出来て試料台の寸法は100φで耐荷重は5Kg迄使用できます。

炉内を窒素ガス雰囲気にて使用することも可能です。

 
昇降式高温焼成炉 ARFH-100KC-AS500 [参考仕様]
 
 
 
1.高 温 炉  
 
形      状 二つ割開閉タイプ 上部密閉タイプ
最高使用温度 1350℃
使用温度範囲 100〜1200℃
炉内寸法 180φ×150mmL
炉口径

上部(メクラ)・下部(φ120) 

石英炉心管 105φ×350mmL 磁性 HB管
発熱体

炭化珪素[シリコニット発熱体]  10本

断熱材 高温用セラミックファイバー
ガス導入口 炉内上部に窒素ガス導入口を設ける
電気容量 AC200V 単層 (20〜50A)
   
 
2.温度制御器  
   
温度調整範囲 常温+100℃〜1350℃
温度制御方式 定電力位相制御 PIDタイプ
プログラム数 16パターン16ステップ
通信機能 RS−485 通信付
電源コード 中間に分割用メタルコンセントを設ける
   
   
3.自動昇降装置  
   
昇降機能 ロボシリンダー
ストローク幅 300mm
上下スピード 1mm〜100mm/sec[任意点固定]
試料台寸法 100mmφ 耐荷重 5kg
   
   
4.架 台  
   
外径寸法 800W×1300H×600Dmm
材 質 SS41    焼き付け塗装
付 属 耐加重キャスター及び固定ボルト付
  窒素ガスボンベ10L用取り付け治具
   
   
参考価格
   
   
装置全体図
   
   
ページの終了