メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始


焼鈍し炉とは、金属やガラスを熱することで結晶粒度を調整をし、材料を軟化させたり材料内部のひずみを除去する時に使用する炉です。

 

 

 
1.管状炉  
 
型      式 ARF3110-1100-89KC
最高使用温度 1150℃
使用温度範囲 200〜1000℃
ヒーターゾーン 350×350×350mmL
炉口径

φ90

発熱体

カンタル線10本

   
2.温度制御器  
   
型      式 AGC-9P-V
温度調整範囲 常温〜1200℃位迄
プログラム数 9パターン9ステップ
   
3.架台本体  
   
外径寸法 1400W×600D×700H
炉心管 SUS310S
設備電源 単相AC200V・40A・200mA
   
装置全体図
   
装置全体図
   
   
ページの終了